NEW

名前は祈り



普段、ブログの更新ばかりで
こちらが疎かのなので、今日は久しぶりに更新。

友人の合唱作曲家:弓削ちゃんから
教わった大好きな毛利さんという方の詩をご紹介しますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆◇◆◇◆◇

~名前は祈り~

名前はその人のためだけに用意された
美しい 祈り
若き日の父母が
子に込めた願い
幼きころ 毎日毎日
数えきれないほどの 美しい祈りを授かった
祈りは身体の一部に変わり
その人となった
だから 心を込めて呼びかけたい
美しい 祈りを          

   毛利 武

◆◇◆◇◆◇

今週はギャラリーで、沢山のお名前を書かせて頂いています。

100名だとしたら、その背景には200名のお父さん・お母さんが居て、
そのまた奥には400名の御爺ちゃん・おばあちゃんがいる。

生れてから最初に受け取る『名前』というプレゼント。

『名前を好きになる』

大げさかもしれませんが、それは自分の『あるがまま(人生)』を
受け入れるということなのかもしれませんね。

たとえ字画か悪くても、たとえ同じ名前の人が多くても、

他の一樹さんにはなれませんし、ほかの一樹さんが伊藤一樹にはなれない訳です。

伊藤一樹という命は一人であっても独りでなく、二人としていない尊い命。

今の活動をしていると、ほんとうに名前の大切さを知ります。

因みに、僕の中の統計ですが、自分の名前が好きな人は、天を見方にしているひとが多いように感じます。

次の世代に残したい。

そんな素敵な詩です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  • 講演会
  • ウェルカムボード
  • 癒詩の贈り物
  • 言葉のプロデュース
  • 約束の樹
  • 筆文字教室
  • 作品集
  • 名前の言葉
  • ネットショップ